マンションBUSINESS┃一棟売りマンションの投資でウハウハ

不動産

副業に向いている

マンション

一棟売りマンションを購入して資産活用をすることは、副業としても認められるケースがあります。しかも、隠れてやることがなく自分の資産を活かした財テクだから投資家以外からも支持されています。

詳細を確認する...

投資に必要な管理会社

不動産

投資物件として一棟売りマンションやアパートがありますが、不動産投資を行う場合は、その投資物件をしっかり管理してくれる管理会社を調べる必要があります。この会社がどれだけ魅力的な会社なのか、ここがとても大きなポイントになってきます。

詳細を確認する...

アパートで投資

売りアパートの特徴と注意点

不動産

売りアパートとは、一棟売りマンションなどの賃貸物件や複数の住戸を貸し出せる形式の投資用不動産です。 マンションとは異なり階数が2階建てであり、構造種別としては、木造や鉄骨造が主流となっています。 中古不動産市場における売りアパートは、築年数が30年以上経過している物件が多く、賃貸物件として活用する場合は家賃を安めに設定することが多いです。 それは、鉄筋コンクリート造の賃貸物件とは異なり、上階や隣の住戸の騒音や振動などが響きやすく、居住性が必ずしも良いものではないため、高い家賃を設定しづらいという特徴があるからです。 売りアパートの入居者を募集するには、騒音と振動対策の防音工事を実施して、他の売りアパートと差別化を図ることで入居者を集めやすくなり、満室経営を実現しやすくなるため、多少の費用を掛けてでも防音工事を実施する価値があると言えます。

売りアパートを買って得られるメリット

売りアパートがあります。つまりは、アパートとして経営されているもの、或いはされていたものがある、ということです。住宅を買う、マンションを買うのとやること自体は大差ないのです。 売りアパートは要するにアパート経営をするために買うわけですから、それなりに事業計画を立てる必要があるのです。ですから、売りアパートを買う時にはかなり慎重になる必要がありますが、いくつか工夫すると上手くできます。 簡単に言えば、とにかく安く売りアパートを見つけることです。競売などで売られているところを見つける事がお勧めできます。何より大事なのは、初期投資額を下げることであり、さらには空室率を下げる工夫として家賃を僅かに下げるとよいです。

購入前の情報収集

マンション

大阪で一棟売りマンション物件を購入する前は、情報収集が必要になってきます。ですが、情報収集も上手く行わないと間違った情報を掴まされて、大変な買い物をさせられることがあります。

詳細を確認する...